Notionのカレンダーに日本の祝日をいれてみた(Automate.io)
Notionのカレンダーに日本の祝日をいれてみた(Automate.io)

Notionのカレンダーに日本の祝日をいれてみた(Automate.io)

image

はじめに

はじめまして、Fire Crackerで学生インターンをしている星子と申します。

Notionのカレンダーには日本の祝日を設定する機能がないため

今回の記事ではAutomate.ioを使って日本の祝日をNotionのカレンダーにインポートする方法を紹介します。

ざっくりした流れを解説すると

①Googleカレンダーの祝日データを

image

②Automate.ioを使って

image

③Notionへインポートする

image

というイメージになります。

使用するツールと準備は以下の通りです。

使用するツール

  • Notion
  • Googleカレンダー
  • Automate.io

準備

  1. Notion側の準備
  2. Googleカレンダー側の準備
  3. Automate.ioでのデータ連携
    1. Googleカレンダーと連携
    2. Notionと連携
    3. 祝日データの同期

1. Notion側の準備

まずNotionを開きます。

その後 [+] を押下し、ページを作成します。

image

Untitledをクリックし、日本の祝日と入力します。

image

次に日本の祝日ページ内にカレンダーを作成します。

今回はページ内にカレンダーが作成される方法でやっていきましょう。

/calendarを打ちInlineを選択してください。

image

作成されたカレンダーのUntitledに日本の祝日カレンダーと入力します。

image

これでNotion側の準備は完了です。

2. Googleカレンダーの準備

続いてGoogleカレンダーの準備をしていきます。

祝日用にカレンダーを新しく追加します。

Googleカレンダーの歯車マークをクリックしてください。

image

次に設定をクリックします。

image

次に左部の「カレンダーを追加」→ 「新しいカレンダーを作成」をクリックします。

image

次に新規に作るカレンダーの名前を入力します。

今回は日本の祝日カレンダーと入力しています。

名前を入力したら、「カレンダーを作成」ボタンをクリックします。

💡
アルファベットで入力すると、なぜか2つカレンダーが作られるバグが発生するので日本語入力がオススメです。
image

以上でGoogleカレンダー側の準備は完了です。

3. Automate.ioでのデータ挿入

最後にAutomate.ioを用いて、祝日データを挿入していきます。

💡
Automate.ioとはZapierに似たものでサービスとサービスをプログラミングせずに連携できます。 そしてAutomate.io社はNotion社の仲間なので、Notionと連携が強化されていくことを見込んで今回はAutomate.ioを利用することにしました。

3.a. Googleカレンダーとの紐付け

Automate.ioにアクセスし、アカウントを作成します。

こちらのページでSignUpを押下してください。

image

今回はGoogleアカウントを持っていることが前提ですので、Googleアカウントを利用して新規登録していきます。

Sign in with Googleをクリックしてください。

image

認証に使用するアカウントをクリックします。

ここでのGoogleアカウントはNotionやGoogleカレンダーで利用しているGoogleアカウントと同じにする必要はありません。

image

適当にIndustry, Role, Company Sizeを選択して、GET STARTEDを押下します。

image

右のI'm DoneをクリックするとSkipボタンが現れます。

image

出現したSkipボタンをクリックします。

image

以上でアカウントの作成はが完了です。

続いて、上部ヘッダーのBotsを押下します。

image

次に、All Botsの右端青いボタン、Create a Botをクリックします。

image

すると連携の可能なサービス一覧を見ることができます。

右上の検索欄にGoogleと入力します。

image

Googleカレンダーが出てくるので、押下します。

image

Googleカレンダーの認証画面がポップアップします。

緑のAuthorizeボタンをクリックしてください。

image

先程カレンダーを作った際のGoogleアカウントを選択します。

image

許可ボタンをクリックします。

image

Saveボタンを押下します。

image

これでGoogleカレンダーのアプリが追加されました。

以下の画面に戻ったら、[Select the trigger event]の下の入力欄に[Event Modified]と入力して[Event Modified]を選択します。

(Event Addedでも大丈夫なはずですが、私の環境では上手く行かなかったのでModifiedにしています。)

image

次に、以下画像の矢印部分をクリックします。

image

Googleカレンダーに紐付けられたカレンダーが表示されるので、先程作ったカレンダーの名前をクリックします。

image

3.b. Notionとの紐付け

続いて、Notionと紐付けを行なっていきます。

以下のSelect Action appをクリックします。

image

検索欄にNotionと入力し、Add a new AppからNotionをクリックします。

image
image

認証画面がポップアップするので、緑のAuthorizeボタンを押下します。

image

Select pagesをクリックします。

image

先程のカレンダーがあるページにチェックをし、Allow accessをクリックします。

image

これでAutomate.ioにNotionアプリが追加されたので、以下の中からAdd Database Itemを選択します。

image

次に、Database欄の矢印部分をクリックします。

image

アクセスできるカレンダーが一覧で表示されるので、祝日データを入れたいカレンダーを選択します。

image

続いて、Notion側のDateの欄を設定をします。

左側のEvent Beginsを右側のStartDateにドラッグアンドドロップ、また左側Event Summaryを右側Nameにドラッグアンドドロップします。

image

右上Saveボタンを押下します。

image

最後に、矢印部分のボタンをONにします。

image

以上でNotionとの紐付けは完了です。

3.c. データの挿入

次にNotionとGoogleカレンダーが連携できているか確認します。

💡
確認しないと祝日データが入らないことがあったので必ず実施してください。

先程の右上Saveボタンを押下しますと、以下のページに遷移します。

Enter Sampling Dateをクリックします。

image

次に、Event Summaryにテスト、Event Beginsに25-Nov-2021と入力し、Run Testボタンを押します。

image

Notionのカレンダーを確認して2021/11/25にテストと表示されていれば連携できています!

image

また成功していれば、Automate.io側では以下の画面のように表示されます!

続いて、祝日データを入れていきたいのでEdit Botを押下します。

image

何もせず、再びSaveボタンを押下します。

image

こちらの画面に戻ったらOKです!

image

この画面のタブを開いたままGoogleカレンダーでの作業に移ります。

💡
Automate.ioはGoogleカレンダーのデータが更新されたときにNotionカレンダーへ同期されます。 以下の手順から祝日データをGoogleカレンダーにインポートし、Automate.ioを動かしてみましょう。

さきほどのGoogleカレンダーの設定画面からインポート / エクスポートをクリックします。

image

カレンダーに追加をクリックします。

image

カレンダーの名前を選択します。今回は日本の祝日カレンダーです。

image

次に、祝日データを用意します。

こちらのURLから祝日データをダウンロードしてください。

クリックするとfull.icsというファイルが自動でダウンロードされます。

ダウンロードが終了したら、「パソコンからファイルを選択」をクリックします。

image

先程ダウンロードしたfull.icsを選択して開いてください

その後、インポートボタンを押下します。

image

と表示されたら成功です。

Googleカレンダーを開いて、祝日データがインポートされているか確認してください。

次に、Automate.ioでの作業に戻ります。

I'm Doneを押下します。

image

こちらの画面に遷移したら完了です!

image

同期は2分程度で完了します。

完成したNotionカレンダーとしては以下のようになります!

image

まとめ

今回は、Automate.ioを利用して、祝日データをNotionカレンダーに挿入しました。

Notionめちゃ便利ですよね。私は普段、Notionカレンダーで予定管理をしています。

そんな中、祝日が分からないのがきついなと思っていたので、本稿で解決することができてとても嬉しいです。

また、Automate.ioを用いると、

  • Notionに入れた予定をGoogleカレンダーに同期する
  • GmailからNotionにデータを挿入する
  • Twitterからチャットツールにメッセージを送信する

など様々なことが実現可能です!

私もこれから色々なことに活用していきたいと思います。

最後に、本記事が皆さんのお力になったのなら幸いです!

長丁場の操作お疲れ様でした!

この記事を書いた人